--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.07 (Sun)

犬護舎さんのドッグケアセミナー

練習会の翌日 めっちゃ楽しみにしてたドッグケアセミナー
犬護舎さんのケアセミナーを受けれるなんて
主催してくれた先生と奥さんに 感謝感謝です

1家族1ワンコだったので
我が家は 10歳のマッシュのケアを先に!と思ってお願いした。

前日走って
おまけにみんなに可愛がって貰っては 土の上でごろごろしまくってたんで
ねちゃねちゃのぼっさぼさのマッシュ。
午前中に あわててシャンプーしてから行った(笑)
よかった・・・
だって ずっとケアで密着してるし
ねちゃねちゃだったら ケアしにくかったかも

ケア前に気になってた点
1)全身のレントゲンを撮った際に軽度だけど ヘルニアがあること。
  これはアジをしてたから・・ということではなくて
  10歳という年齢的なモノであること。
  痛みがあるほどのモノではない。
  といわれてたので ケアでいい状態にもっていきたいなぁ。

2)毎朝だっこすると 必ず「ぺきっ」と腰もしくは足のあたりから音がすること。
  病院で膝のはまり等のチェックもしたけど問題なしだった。
  これって何ですか??

  我が家は寝室のある2階から降りる際 
  マッシュには階段を下りる事を許可していないんです。
  腰や背骨のことを考えて小さいころから 
  教えてないのでマッシュは勝手に下りません。
  なので下りる時は必ず 抱っこして下りるので
  音が毎回するのが気になって気になって・・。

3)10歳なのでシニアのケアを教えて欲しい。  
  アジも元気に出来ればいいけど
  それよりもやっぱり元気にずっといて欲しいなという願いをこめて。

他にもケアして貰いながら 聞こう!って思ってたとこがごろごろある!




犬護舎さんのケア前の講座もすっごくおもしろかった。
分かりやすいし
ケアの重要性も分かったので
ますますケアの順番までが待ち遠しかった

マッシュの名前が呼ばれて ブースに。
ゴロゴローーーー ぐねぐねーーーー
すりすり~~~~~  びよーーーーーーん
マッシュ 院長先生のお膝の前で 
いつものすりすりをご披露して笑われた

全身チェックが始まってすぐに「カッチカチだよ」のお言葉が

背骨だけど 
コレ講座で話したとおり今触れてるのは骨じゃなくて肥厚した腱だよ。
大きさもまちまちに感じるのは 肥厚の大小。
こうやって ケアしていくと・・と話をしながら
手を重ねて力加減も教えて貰ってやることしばし。
!!!!!
ゴツゴツしてて気になってた背骨周辺が 柔らかくなってゴツゴツが減った
目からウロコ ぽろ。

実はこの背骨のごつごつ めっちゃ気になっていた。。
最近 アジはレフに集中してて レッスンも受けていないし
どうしても運動量が減ってしまっっている。
年齢的なことと重なって 背中の筋力が落ちてしまったのかな・・とか。
アジももちろん好きだけど
それよりも何よりも 年をとっても元気に自分の足で歩いてて欲しい。
だからもしケアで やめた方がいいって言われたら やめよう!って思ってた・・。

院長は 
「筋力の衰えじゃないよ! 大丈夫!! ほらーー」って明るく言ってくれた。
肩甲骨のあたりもかなり肥厚してて
指が間に入らないほどだから ケアしてれば元の状態に戻るらしい。

抱っこの時の「ぺきっ」の音は
肥厚してる腱が 動く時の音らしい。
人間でも 首がこって動かすと
ミシっていうか ごきっていうか そんな音がするでしょ?
それと似てるもんらしい。


それと 
あばら骨にも肥厚した腱が横に走っていた。
触れたらしっかり分かるくらい 横に向かって太く走ってた。
これについても
「この子はもっと細い子だよね。腱が肥厚してて胸が大きく見えちゃってるけど
 肥厚がなくなったら 本来のスリムな身体に戻るから」

じつはコレも悩んでたことだった。
体重は全盛期の時と変わらない。むしろ少しだけど細め。
なのになぜか 胸のあたりの厚みが大きくなった気がして
むっくりした体形が気になって気になって・・。
レントゲンで移しても 臓器の肥大も見られないしなんでだろうな??っと。
だから これも質問する前に 指摘されて目からウロコ ぼろーーり。

その他にも 普段毎日身体チェックしてて
なんだろな?? これ骨???って思ってたとこが
肥厚だった!!ってことが判明して
「えーーーーー これも!!!」って驚くたびに
院長に
「肥厚 肥厚(笑)」って笑われた。

「ケアしていって肥厚が少なくなったら
 この子はもう少し 落ち着くかもね。
 今は なんだか身体がむずむずするから落ち着きがないのかも。
 あ 性格的なこの落ち着きのなさは変わらないよ あははは
 何歳になっても 元気で歩こうね。
 
 あと2頭いるボーダー達にもケアしてあげてね。
 パピーの頃からするとほんといいからね」
といわれて診断終了!!


とにかくすっごく楽しい30分だった。
難しいことはしない
コミュニケーションのひとつとしてケアの時間をとって
楽しみながらやっていければいいな♪


10歳のおっちゃんマッシュ
今だって ラージクラスのバーも勝手に飛んでハラハラさせるのに
ケアして 肥厚が取れたら
どんだけ元気になるんだろうか??(笑)
請う ご期待!!!(*≧w≦*)




最後の最後の順番だったので
院長と終わったあとに少しお話できたのもラッキーだった。
先週から背中が痛くて 
うずくまるほどの激痛に耐えてたこぉずぃまで
ちょっとだけ診てもらって ケアポイントを教えて貰っちゃった。
あと 先生の好意でレフもちょこっと診て貰えた。
これまた 今まで なんで??どうして??って
思って悩んでたことのひとつのことに
ヒントを少し貰った気がする。
ケアしていっていい方向に向かっていくといいな。




このセミナーを主催してくれた
先生・奥様 ほんとうにありがとうございました。















  


スポンサーサイト
16:45  |  アジリティ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。